ロゴ
HOME>イチオシ情報>後遺症が残ることもある脳梗塞の治療について学ぼう

後遺症が残ることもある脳梗塞の治療について学ぼう

手術

脳梗塞が起こってしまう原因

動脈が硬くなっていると診断されてしまった人は、いつか脳梗塞を発症する可能性もあるので、まずは血管の健康を保つ事を心がけてください。血管の内側にコレステロールなどが溜まると、血管の内部に壁を形成する事になり、血液が詰まったり血管が硬くなったりしてしまいます。若い人でも動脈硬化になる事が増えており、まだ若いからといって脳梗塞まで発症しないだろうと考えて、油断してはいけません。抗リン脂質抗体と呼ばれる自己抗体が血液の中に増えてしまう、抗リン脂質抗体症候群の脳梗塞の原因の一つです。脳内の血液が固まってしまう事によって、脳細胞に栄養や酸素が行き届かなくなり、脳に異常が起こってしまいます。静脈瘤にできた血栓が移動して、脳の血管を詰まらせてしまう事でも脳梗塞は起きるので、静脈瘤のようなものが出来た時にも病院で治療を受けてください。

先生

脳梗塞患者に行われる治療とは?

脳梗塞を発症してしまった際には、その原因によって脳梗塞の治療法が違ってきます。血液が固まってしまった事が原因で、脳細胞がダメージを受けている時には、血液の塊を溶かす薬を服用してください。その薬を服用する事で、血液の塊を溶かす事に成功した後には、再び血液の塊ができてしまわないよう、血液の流れをスムーズにする薬が処方される事が多いです。脳を保護する薬を同時に服用する事もあり、脳内の血管と脳細胞のダメージを最小限に抑えるために、服用する薬の種類を慎重に選ぶ事になります。血管に問題があるのではなく、脳のむくみが原因で脳梗塞の症状が出ている時には、むくみを抑える薬が処方されます。全身の血流を綺麗にするための運動法や、食事療法なども同時に行うと効果的です。