ロゴ
HOME>Review>腰部脊柱管狭窄症になっているサインとは?経験者の声

腰部脊柱管狭窄症になっているサインとは?経験者の声

診察

腰部脊柱管狭窄症は足のしびれや痛みにより、歩行が困難になる病気です。中高年に多い病気で、症状がひどい場合手術が必要になります。ストレッチやトレーニングを行うことで、病気を予防する効果があります。

この話題の口コミ

腰のあたりの痛みやしびれは注意ですよ

座っている体勢から立ち上がると腰のあたりが痛かったり、しびれを覚えたりするようになりました。立ち上がる時だけ症状なので病院に行きませんでした。しばらくすると歩くのが辛くなってきました。休むと楽になるので再度歩きました。しかし、足が動かなくなってきます。歩行が難しいのは問題なので病院に行き検査を受けました。腰部脊柱管狭窄症の診断を受けました。この症状の前兆として腰の痛みやしびれを感じると知りました。この時に受診すれば治療期間が短くなります。しかし、自分はこれらの前兆を無視した結果、手術を進められるくらいに悪化させてしまいました。そこで、腰の痛みやしびれを感じた時には病院に行き検査してもらうべきです。早期発見は状態を良くするために必要です。
[60代/男性]

歩くのも辛くなるみたいです

腰部脊柱管狭窄症は歩くことが辛くなると知りました。神経が圧迫される結果、歩いていると痛みやしびれが増し、休むと楽になる繰り返しになると聞きました。しかし、歩くことが辛くなるのは生活の質が低下していきます。特に40代後半すぎると発症するリスクが高くなります。予防方法として体操をすることがあります。そこで、腰部脊柱管狭窄症にならないように体操を続けました。トレーニングと定期的に検査を受け発症しないように心がけました。すると、病院の人から「とても若い骨格です。この調子で維持してください。」と言われました。発症と防ぐためには、適度な運動や体操することが有効と感じました。歩くことは生活の基本です。なので、歩けなくならないように心がけました。
[30代/男性]